カインとアベル 関連記事〜Abel's footsteps

韓国ドラマ「カインとアベル」の関連記事の一部を日本語でご紹介します。
ネタバレ記事が多いです。視聴前の方はご注意ください。
<< 「カインとアベル」結末に視聴者の熱い関心 | main | ソ・ジソブ 日本で「カインとアベル」舞台挨拶 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2009.07.08 Wednesday 】 author : スポンサードリンク | - | - | - | -
ソ・ジソブ、スターから真の俳優へ...“カインとアベル”ソ・ジソブの再跳躍
마이데일리 2009年4月24日付記事

人間だけが人間を救うことができるというドラマの主題をあらわすソ・ジソブのナレーションが、23日幕を下ろしたSBS水木ドラマ「カインとアベル」の最後を飾った。

“これまで4年間、待つことが最もつらかった。長期間の空白の終わりに出会えた作品に後悔ないよう最善を尽くしたが、それでも物足りなさが残る。撮影期間ずっと続いた大変なスケジュールも、待つことの美学で克服した”と言うソ・ジソブの最終回撮影後の所感だ。

「カインとアベル」の主演ソ・ジソブを見つめる視聴者の視線はやはり演技に最善を尽くしたソ・ジソブに対する賛辞と、足りない部分に対する残念さだ。そして少なくない視聴者が放送直前“カインとアベル”制作発表会でソ・ジソブが明らかにした“トップスターよりは演技が上手い俳優になりたい”と言う彼の話に対する真正性を確認することになっただろう。

「カインとアベル」はソ・ジソブの再跳躍を試みるための作品に違いない。2004年、「ごめん、愛してる」以降5年ぶりとなるソ・ジソブのドラマ復帰に対し、期待とともに憂慮も共存した。ドラマ終了後は憂慮は消え、ソ・ジソブという俳優に一層大きな期待を抱かせた。

スター演技者の場合2種類のタイプがある。個性と容貌で途方もない人気を享受し、演技力やキャラクターの変奏幅が時間が過ぎても進化しないタイプと、大衆が好みイメージとキャラクターの幅を拡張させ演技力の世界を発展させ、スターの原動力の個性と容貌を圧倒するタイプがまさにそれだ。

明らかにソ・ジソブは「カインとアベル」を通じて以前の作品より発展した姿を見せ、2番目のタイプの俳優としての位置を獲得した。

ソ・ジソブが広告モデルとして芸能界デビュー後、シチュエーションコメディと“千年の愛”等、いくつかの作品に出演した時は、一面的で固い演技でスター性のみ発揮される大衆に人気が高いスターとして認識された。

だが、「ごめん、愛してる」をきっかけにソ・ジソブはスターで演技が上手な俳優としての認識を新たに植え付けた。今回の「カインとアベル」は5年ぶりの復帰作という意味もあるが、「ごめん、愛してる」で発展したソ・ジソブがさらに一段階発展し、彼が話したようにトップスターではなく演技が上手な真の俳優として位置づけられることを計る尺度の役割をした。

ソ・ジソブは「カインとアベル」でこの世で最も愛する兄に裏切られ、その背信に絶望と怒りを表現し、またその兄を許さなければならない精巧な内面の演技が必要となるチョイン役を担った。チョイン役は明らかにステレオタイプの愛、背信、そして容赦という典型性を持つキャラクターだ。チョインに魂を吹き込まず、表面的な演技で一貫したとすると視聴者は感動と共感を抱くことができず、ドラマに出てくるキャラクターを模倣するのに終わったという批判が提起されただろう。

ソ・ジソブはこれまで弱かった演技の精巧さをある程度克服し、チョイン役を微細な表情と眼差しの演技で自然に消化し、視聴者たちがチョインに没頭するように導いた。怒り、悲しみ、無念さ、怒りと容赦という両立が難しい感情の共存など、多様な感情が渦巻く状態で、ソ・ジソブは感情の変化の瞬間を大変精巧な演技で良く表現した。このためソ・ジソブのチョインは生命力を得て、視聴者に真正性があるように捉えられた。

「カインとアベル」放送途中、「ごめん、愛してる」のイ・ヒョンミンPDに会った。イ・ヒョンミンPDは“ソ・ジソブは撮影に入る前、演技のスタイルやキャラクターに対する雰囲気まで多様に準備をしてきた。様々なものを試みて気に入るものを選択するという準備の姿勢が引き立っていた”と話した。

スターから真の俳優として新たに出発する秘訣はまさにこれだ。徹底して持続的な演技に対する悩みと努力だ。激しい悩みと努力の有無により、人気に安住したスターのままなのか、発展する演技者となるのかが決定する。

明らかにソ・ジソブは人気に安住せずに発展する演技者の姿を「カインとアベル」を通して見せてくれた。

もちろんソ・ジソブは戦慄を感じるようにみせるキャラクター創出力では若干の弱点も見せ演技の発展の中でも時折現れる従来のステレオタイプの演技の名残が感じられる短所もある。

だが演じれば演じるほどに少しずつ発展していくソ・ジソブを確認することができる。「カインとアベル」は明らかに「ごめん、愛してる」でのソ・ジソブよりも一層進化した演技力とキャラクター創出力を見せた。そして何より彼がスターから真の演技者として跳躍できる可能性を高めたという意味を、大衆に刻印した。
【2009.04.25 Saturday 13:27】 author : is | カインとアベル 関連ニュース | - | - | -
スポンサーサイト
【2009.07.08 Wednesday 13:27】 author : スポンサードリンク | - | - | - | -
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP