カインとアベル 関連記事〜Abel's footsteps

韓国ドラマ「カインとアベル」の関連記事の一部を日本語でご紹介します。
ネタバレ記事が多いです。視聴前の方はご注意ください。
<< 「カベル」復讐 ソ・ジソブ、シン・ヒョンジュンと火花を散らす | main | シン・ヒョンジュン、「カインとアベル」OSTで作詞家デビュー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2009.07.08 Wednesday 】 author : スポンサードリンク | - | - | - | -
「カベル」ソヌの殺人教唆悟ったチョイン茫然自失“ソ・ジソブの一筋の涙”
 뉴스엔 2009年4月3日付記事より

"カイン"ソヌと"アベル"チョイン。この世に二人といない兄弟だった。ところがチョインに対するソヌの真意が表に出てしまい、2兄弟は戻ることのできない川を渡った。

2日放送されたSBS水木ドラマ「カインとアベル」(脚本パク・ケオク、演出キム・ヒョンシク)14話で、チョイン(ソ・ジソブ)は自分を殺せと指示した張本人がソヌ(シン・ヒョンジュン)であるという事実を一歩遅れで知ることになり、茫然自失の熱い一筋の涙を流した。

中国から韓国まで生死の峠を数回行き来し、より剛健になったチョインは、自分を誰が、何故殺そうとしたのかを知るために孤軍奮闘した。記憶が戻ったにもかかわらず、解離性遁走の症状があるように振る舞い、自分の周りを取り囲む闇の正体を暴き出そうとした。

ところが見つかりそうで見つからない真実の前に立たされたチョインはチェ・ボックンに中国で自分を殺害しろと指示した人物がオ理事だという事実を悟り、彼を注視した。だがソヌは自分を脅迫したオ理事を消さなければと決心し、チェ・ボックンらにある指示を出す。

チェ・ボックンらに捕らえられ、紆余曲折の末逃げ出したオ理事を通じて“中国での件だけ殺人教唆をした”との思いがけない事実を知ったチョイン。チョインのリストに上がっていた多くの人物の中、オ理事が決定的な人物ではないと知ったチョインは、韓国で自分を殺そうとした1人を知るため、チェ・ボックンに接近を試みる。

記憶を取り戻す前、清州のベンチで偶然ソヌの通話内容を聞いてしまったチョインとしては、チェ・ボックンに指示した人物がソヌであると、不吉な予感を抱いていた。チョインはチェ・ボックンに直接電話をして“中国でイ・チョインを殺そうとしながらまだ足りずソウルでオ理事まで殺そうとするとはな”といい、自分の正体を隠したまま会う約束をした。

チョインは公演のベンチでチェ・ボックンに会い、“お前の顔は死んでも確認したかった”と拳で何度もチェの顔を殴ったが、隠れていたチェの部下が現れ、チョインの頭に銃を向けて威嚇し、再び危険な場面に遭遇するチョイン。倉庫で捕らえられ、過去の中国の砂漠のように殴られたチョインは、当時と同じ絶体絶命の危機に直面する。

自分の頭に突きつけられた銃に恐怖を感じるが、自分を殺そうとした人物が誰なのか分からないままでは決して死ぬことはできないチョイン。“死ぬ前に1つだけ聞くが、オ理事は私が清州にいたことを知らなかった。だとしたら清州で私を殺せと指示したのは誰だ?”と尋ねると、チェ・ボックンは“韓国でまたお前を消すように支持したのはイ・ソヌ、お前の兄だ”と話し、チョインを驚愕させた。

まさかと思いながらも疑いが現実に変った瞬間、チョインは茫然自失した。この世で誰よりも頼り、愛した兄ソヌが、自分を殺そうとまでしたなどと、到底信じることなどできないことだった。だがそれは信じたくはないが、やはりある程度は察していたことだったため、その背信と絶望感は言葉には表せないほどだ。そしてチョインの目から流れた一筋の涙はより一層意味深長だ。

チョインが自分を殺そうとした張本人がソヌであることを知り、兄弟間の復讐劇が急流に乗ると予想される中、ソヌの真実が暴露された後のソヨン(チェ・ジョンアン)、ヨンジ(ハン・ジミン)との愛情ライン構図に対する期待感も高まっている。

一方、この日放送された「カインとアベル」は19.3%(TNS全国基準)を記録し、自らの最高視聴率を再び更新して同時間帯の1位に躍り出た。
【2009.04.07 Tuesday 17:14】 author : is | カインとアベル 関連ニュース | - | - | -
スポンサーサイト
【2009.07.08 Wednesday 17:14】 author : スポンサードリンク | - | - | - | -
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP