カインとアベル 関連記事〜Abel's footsteps

韓国ドラマ「カインとアベル」の関連記事の一部を日本語でご紹介します。
ネタバレ記事が多いです。視聴前の方はご注意ください。
<< ソ・ジソブの眼差し、女性視聴者らを魅了 | main | 「カインとアベル」ソ・ジソブ−シン・ヒョンジュン−パク・ソンウン 三人三色 目の演技“好評” >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2009.07.08 Wednesday 】 author : スポンサードリンク | - | - | - | -
「カインとアベル」パク・ソンウン壮絶な最期
뉴스엔 2009年3月6日付記事

俳優パク・ソンウンが壮絶な最期で目を引いた。

パク・ソンウンは、SBS水木ドラマ「カインとアベル」(脚本パク・ケオク、演出キム・ヒョンシク)で北朝鮮警報大隊出身の脱北者オ・ガンチョルとして出演、チョイン(ソ・ジソブ)を助けるため、壮絶な最期を迎えた。

5日放送された「カインとアベル」第6話で、カンチョルはチョインと共に北朝鮮に連行されていく間に脱出に成功し、数々の苦難を乗り越えた末、中国国境に至った。しかし、国境まであとわずかのところで、カンチョルはチェ・チスの裏切りにより負傷して倒れる。チョインが瀕死のカンチョルを背負い山中を走り抜けるが、北朝鮮防衛部隊に追われていることに気づいたカンチョルは自分のためにチョインが捕らえられるのを恐れ、自ら頭に銃を向け、壮絶な最期を遂げた。

視聴者らは“パク・ソンウンは深さと広さを持ち合わせた俳優”“オ・ガンチョル同志、あなたに会いたくなるでしょう”などと彼の死を残念に思うと共に、演技に対しての好評を送った。

パク・ソンウンは登場時間は短いながらも長い余韻を残した。虎が死んだ後、革を残すように、死ぬことで名前を残した。物静かで低い声、その目つきにもカリスマが感じられる俳優パク・ソンウンは、これまでMBC「太王四神記」「エデンの東」で素晴らしい演技を披露し、多くの固定ファンを獲得している。
【2009.03.06 Friday 12:08】 author : is | カインとアベル 関連ニュース | - | - | -
スポンサーサイト
【2009.07.08 Wednesday 12:08】 author : スポンサードリンク | - | - | - | -
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP