カインとアベル 関連記事〜Abel's footsteps

韓国ドラマ「カインとアベル」の関連記事の一部を日本語でご紹介します。
ネタバレ記事が多いです。視聴前の方はご注意ください。
<< 「カインとアベル」のソ・ジソブ、“今度はハッピーエンドならいいですね” | main | ソ・ジソブの眼差し、女性視聴者らを魅了 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2009.07.08 Wednesday 】 author : スポンサードリンク | - | - | - | -
「カインとアベル」ソ・ジソブ、神がかりの演技が視聴者に好評
 OSEN 2009年3月4日付記事より

ソ・ジソブの神がかりの演技が「カインとアベル」の5話を飾った。

4日放送されたSBS水木ドラマ「カインとアベル」5話で、ヨンジ(ハン・ジミン)は夢まで見た脱北に成功し、チョイン(ソ・ジソブ)とカンチョル(パク・ソンウン)が脱北者収容所で生死の別れ目に立つなど本格的なストーリーが展開し始めた。

脱北のために密航船の地下倉庫に隠れていたヨンジは、船員らに襲われそうになったところで海に飛び込み、救出され、ソウルのある病院で意識を取り戻す。

チョインは自分を探す張り紙を見つけるが、記憶を失ったチョインはその人物が自分なのかどうか混乱する。その瞬間チョインに向かい銃で狙いを定める北朝鮮防衛部隊員を見つけたカンチョルがチョインを助けるが、結局二人は捕まってしまい脱北者収容所に閉じ込められてしまう。

ソヌ(シン・ヒョンジュン)は、逮捕されたチョインを乗せる車とすれ違うが、その瞬間にもソヨンはチョインの張り紙を貼り続けて無念さをかもしだした。

収容所でチョインは北朝鮮警報大隊出身で収監されると、公安と格闘技対決をしなければならないという原則があり、けがを負ったカンチョルの代わりに格闘を申し出るが、そこで勝たなければならないと感じさせるソ・ジソブの神がかりの演技がブラウン管を飾り、目を引いた。

一方、ソヌは意識ある状態のまま脳手術を受けることを希望し、腫瘍が思ったよりも進行が速いという話を聞き、愕然とする。チョンミン(ハン・ダミン)はソヨンに、ソヨンが心臓移植を受けた時、ソヌが戻ってこなかったのではなく、病気で戻ることができなかったと事情を伝える。

チョインが脱北者収容所に移送されたとの情報提供を受けたソヨンは、ソヨンの連絡を受けて駆け付けたソヌとともにチョインを探しに向かうが、ソヌは直前に母から脳医学センター敷地所有権がチョインにあるという話を聞き、葛藤する。

収容所でチョインを探すソヨンは、とうとうチョインの名を呼びながら監獄で倒れてしまい、一人で収容所内へ向かったソヌはみすぼらしい身なりのチョインを確認し、驚きに耐えられない。この瞬間、倒れていたチョインは、ソヌを人質として捕らえ、(この日の放送は)終了した。

放送直後視聴者掲示板には“集中してドラマを見るのが難しいが、1時間が1分のように感じられた”、“一瞬も目が離せなかった”、“ソ・ジソブさんの演技が境地に上ったようだ”という意見が書き込まれた。そのほか、“川での追撃シーンで現実性が多少不足した”との意見もあった。
【2009.03.05 Thursday 19:01】 author : is | - | - | - | -
スポンサーサイト
【2009.07.08 Wednesday 19:01】 author : スポンサードリンク | - | - | - | -
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP