カインとアベル 関連記事〜Abel's footsteps

韓国ドラマ「カインとアベル」の関連記事の一部を日本語でご紹介します。
ネタバレ記事が多いです。視聴前の方はご注意ください。
<< ハン・ジミン、5時間水中撮影“唇も真っ青” | main | 「カインとアベル」のソ・ジソブ、“今度はハッピーエンドならいいですね” >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2009.07.08 Wednesday 】 author : スポンサードリンク | - | - | - | -
「カベル」5話から本格的ストーリー展開「憎くても..」に追いつけるか
 OSEN 2009年3月4日付記事より

SBS水木ドラマ「カインとアベル(*以下、カベル)」(脚本パク・ケオク、演出キム・ヒョンシク)が4日放送される5話から本格的なストーリーラインが展開する予定だ。「憎くてももう一度」に追いつくことができるのか、関心を集めている。

放送序盤から主人公チョイン(ソ・ジソブ)ソヌ(シン・ヒョンジュン)ヨンジ(ハン・ジミン)ソヨン(チェ・ジョンアン)のキャラクター紹介と背景説明に重点を置いた「カベル」は、第5話から4人の主人公たちが有機的に結びつき、一層緊張感を高める予定だ。

砂漠で銃弾を受け倒れ、記憶を失ったチョインは、北朝鮮防衛部隊に捕らえられ、脱北者収容所に閉じこめられ、生死の境目に立つことになる。脳腫瘍が再発したソヌは脳医学センター設立という重大な課題を抱えながら、手術の可否で危機をむかえる。

紆余曲折の末、密航船に乗ったヨンジは韓国で新たな人生を始め、チョインの行方不明を悲しむソヨンは中国から舞い込む衝撃的な頼りにその身を支えることができない。ヨンジとソヨンは思いがけない場所で運命的に出会う。

視聴者らの関心はチョインがどのように生き返り、記憶を取り戻すのか、ソヌの脳腫瘍再発がどのような影響を及ぼすのか、などに集まっている。予告編ではモーターボート追撃シーンとチョインが鉄格子の中水大砲を受ける状況などが写し出され、視聴者の目を釘づけにした。

「カインとアベル」は去る26日放送分で全国基準14.0%の視聴率を記録し、17.3%を記録した「憎くてももう一度」に続き水木ドラマ2位の位置にとどまっている(AGBニルスン基準)。5話から本格的にストーリーが展開し、今後の水木ドラマの視聴率に変化があるのか成り行きが注目されている。
【2009.03.04 Wednesday 12:18】 author : is | カインとアベル 関連ニュース | - | - | -
スポンサーサイト
【2009.07.08 Wednesday 12:18】 author : スポンサードリンク | - | - | - | -
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP