カインとアベル 関連記事〜Abel's footsteps

韓国ドラマ「カインとアベル」の関連記事の一部を日本語でご紹介します。
ネタバレ記事が多いです。視聴前の方はご注意ください。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2009.07.08 Wednesday 】 author : スポンサードリンク | - | - | - | -
ソ・ジソブ "シン・ヒョンジュンのような兄がいたら..."

 연합뉴스2009年7月8日付け記事より

ソ・ジソブが映画'映画は映画だ'に続き、軍除隊後テレビドラマ復帰作のドラマ「カインとアベル」でまた日本に向かった。

ソ・ジソブは7日東京六本木ヒルズ内の東宝シネマズで、このドラマの日本放送開始を記念して開かれたジャパンプレミアイベントにキム・ヒョンシク監督、シン・ヒョンジュンと共に参加した。

この日のイベントには13,000件を越える予約が殺到し、熱気を加え、イベントの状況は大阪と名古屋、福岡等の東宝シネマズ系列劇場に生中継された。

この席でシン・ヒョンジュンが"私が女性に生まれたなら、ソ・ジソブのような子供を産みたい"と話すと、ソ・ジソブは"シン・ヒョンジュンのような兄がいたら嬉しい。 子供のことはもう少し考えてみる"と答えた。

ドラマに対してキム・ヒョンシク監督は"一ヶ月間中国ロケで苦労した作品だが、兄弟の葛藤と和解をテーマに大きなスケールで描いた作品"と紹介した。

外科医に変身したソ・ジソブの熱演が話題を集めたSBSドラマ「カインとアベル」は来る24日から衛星チャンネルのWOWOW TVを通じ、日本に紹介される。

【2009.07.08 Wednesday 15:09】 author : is | カインとアベル 関連ニュース | - | - | -
SBS「カインとアベル」、来月24日から日本で放送
리뷰스타 2009年6月 23日付記事より

SBS「カインとアベル」が来月日本全域で放送される。

「カインとアベル」は来る7月24日から日本衛星チャンネルWOWOWチャンネルを通じ、プライム時間帯に放送される予定だ。

ドラマ制作社関係者は“海外放送が(本国放送終了後)短期間で実現することは極めて稀なことであり、日本有力衛星チャンネルのゴールデンタイムに編成されている”とし、「カインとアベル」に対する日本のファンらの高い関心を伝えた。

現地の高い期待感に力づけられ、「カインとアベル」は日本放送とともに公式付加事業も進行予定だ。「カインとアベル」公式付加事業を進行中のパーパークィーンはスタージュエリー専門業者のASHAと手を組み、日本初放送を記念するドラマ商品を発売予定だ。今回発売されるドラマの商品は、ネックレス、指輪、携帯ストラップ、USB、タオル、ダイアリー、メモ帳、ハガキ、チョコレートなどの多様な商品だ。

韓国内では6月23日からASHAオンラインサイトとペーパークィーンとアシャが指定した明洞、仁寺洞、の指定業者で販売され、日本では7月7日制作発表会を起点とし、主な韓流ショップのオンラインを通じ、ドラマの商品を手に入れることができる。

ドラマに対する熱い関心により、主人公ソ・ジソブは来る7月7日に開かれる日本での制作発表会に参加を予定されており、数千名の現地ファンが集まると予想されている。

一方、ソ・ジソブは「カインとアベル」関連商品発売まで格別の努力を注いでおり、関係者らの関心を集めた。ソ・ジソブは韓日両国で販売が開始される「カインとアベル」指輪、ネックレス、ダイアリー、チョコレートなどの商品の品質を自ら検討したことが分かった。
【2009.06.24 Wednesday 00:32】 author : is | カインとアベル 関連ニュース | - | - | -
ソ・ジソブ 日本で「カインとアベル」舞台挨拶
 연합뉴스 2009年6月19日付記事より

ソ・ジソブが「英がは映画だ」に続き、ドラマ「カインとアベル」で日本を再び訪ねる。

外科医役へと変身したソ・ジソブの熱演が話題を集めるSBSドラマ「カインとアベル」は来月24日から衛星チャンネルWOWOWを通じ、日本で初めて放送される。

WOWOW側は日本放送を記念し、7月7日東京六本木ヒルズ内で東宝シネマジャパンプレミアイベントを開催し、ソ・ジソブとシン・ヒョンジュンを招き、舞台挨拶を予定している。

特にこの日、ジャパンプレミアイベントは大阪と名古屋、福岡などの東宝シネマズ劇場でも開催され、東京での舞台挨拶の姿が生中継される。
【2009.06.20 Saturday 00:24】 author : is | カインとアベル 関連ニュース | - | - | -
ソ・ジソブ、スターから真の俳優へ...“カインとアベル”ソ・ジソブの再跳躍
마이데일리 2009年4月24日付記事

人間だけが人間を救うことができるというドラマの主題をあらわすソ・ジソブのナレーションが、23日幕を下ろしたSBS水木ドラマ「カインとアベル」の最後を飾った。

“これまで4年間、待つことが最もつらかった。長期間の空白の終わりに出会えた作品に後悔ないよう最善を尽くしたが、それでも物足りなさが残る。撮影期間ずっと続いた大変なスケジュールも、待つことの美学で克服した”と言うソ・ジソブの最終回撮影後の所感だ。

「カインとアベル」の主演ソ・ジソブを見つめる視聴者の視線はやはり演技に最善を尽くしたソ・ジソブに対する賛辞と、足りない部分に対する残念さだ。そして少なくない視聴者が放送直前“カインとアベル”制作発表会でソ・ジソブが明らかにした“トップスターよりは演技が上手い俳優になりたい”と言う彼の話に対する真正性を確認することになっただろう。

「カインとアベル」はソ・ジソブの再跳躍を試みるための作品に違いない。2004年、「ごめん、愛してる」以降5年ぶりとなるソ・ジソブのドラマ復帰に対し、期待とともに憂慮も共存した。ドラマ終了後は憂慮は消え、ソ・ジソブという俳優に一層大きな期待を抱かせた。

スター演技者の場合2種類のタイプがある。個性と容貌で途方もない人気を享受し、演技力やキャラクターの変奏幅が時間が過ぎても進化しないタイプと、大衆が好みイメージとキャラクターの幅を拡張させ演技力の世界を発展させ、スターの原動力の個性と容貌を圧倒するタイプがまさにそれだ。

明らかにソ・ジソブは「カインとアベル」を通じて以前の作品より発展した姿を見せ、2番目のタイプの俳優としての位置を獲得した。

ソ・ジソブが広告モデルとして芸能界デビュー後、シチュエーションコメディと“千年の愛”等、いくつかの作品に出演した時は、一面的で固い演技でスター性のみ発揮される大衆に人気が高いスターとして認識された。

だが、「ごめん、愛してる」をきっかけにソ・ジソブはスターで演技が上手な俳優としての認識を新たに植え付けた。今回の「カインとアベル」は5年ぶりの復帰作という意味もあるが、「ごめん、愛してる」で発展したソ・ジソブがさらに一段階発展し、彼が話したようにトップスターではなく演技が上手な真の俳優として位置づけられることを計る尺度の役割をした。

ソ・ジソブは「カインとアベル」でこの世で最も愛する兄に裏切られ、その背信に絶望と怒りを表現し、またその兄を許さなければならない精巧な内面の演技が必要となるチョイン役を担った。チョイン役は明らかにステレオタイプの愛、背信、そして容赦という典型性を持つキャラクターだ。チョインに魂を吹き込まず、表面的な演技で一貫したとすると視聴者は感動と共感を抱くことができず、ドラマに出てくるキャラクターを模倣するのに終わったという批判が提起されただろう。

ソ・ジソブはこれまで弱かった演技の精巧さをある程度克服し、チョイン役を微細な表情と眼差しの演技で自然に消化し、視聴者たちがチョインに没頭するように導いた。怒り、悲しみ、無念さ、怒りと容赦という両立が難しい感情の共存など、多様な感情が渦巻く状態で、ソ・ジソブは感情の変化の瞬間を大変精巧な演技で良く表現した。このためソ・ジソブのチョインは生命力を得て、視聴者に真正性があるように捉えられた。

「カインとアベル」放送途中、「ごめん、愛してる」のイ・ヒョンミンPDに会った。イ・ヒョンミンPDは“ソ・ジソブは撮影に入る前、演技のスタイルやキャラクターに対する雰囲気まで多様に準備をしてきた。様々なものを試みて気に入るものを選択するという準備の姿勢が引き立っていた”と話した。

スターから真の俳優として新たに出発する秘訣はまさにこれだ。徹底して持続的な演技に対する悩みと努力だ。激しい悩みと努力の有無により、人気に安住したスターのままなのか、発展する演技者となるのかが決定する。

明らかにソ・ジソブは人気に安住せずに発展する演技者の姿を「カインとアベル」を通して見せてくれた。

もちろんソ・ジソブは戦慄を感じるようにみせるキャラクター創出力では若干の弱点も見せ演技の発展の中でも時折現れる従来のステレオタイプの演技の名残が感じられる短所もある。

だが演じれば演じるほどに少しずつ発展していくソ・ジソブを確認することができる。「カインとアベル」は明らかに「ごめん、愛してる」でのソ・ジソブよりも一層進化した演技力とキャラクター創出力を見せた。そして何より彼がスターから真の演技者として跳躍できる可能性を高めたという意味を、大衆に刻印した。
【2009.04.25 Saturday 13:27】 author : is | カインとアベル 関連ニュース | - | - | -
「カインとアベル」結末に視聴者の熱い関心
투데이코리아 2009年4月17日付記事より

SBS水木ドラマ視聴率1位を守っている「カインとアベル」の結末に対する関心が熱い。

「カインとアベル」視聴率は17.4%(TNSメディアコリア)で、KBS2TV「憎くても もう一度」の14.6%と初放送がスタートしたMBC「シンデレラマン」の9.3%を押さえて2週目1位を維持していることが15日確認された。

16日放送された「カインとアベル」では、脳医学センター設立と救急医学センター設立に関して理事会が開かれ、チェ・チスがヨンジと一緒にいることを知り、さらに刑事まで訪ねてきたことでチョインはチェ・チス殺人容疑で逮捕されてしまう。

ヒョンジュとチングンの助けで刑事らを締め出し、病院を抜け出したチョインはヨンジをすくうためにチェ・チスの元へ向かう。

自分を助けに来たチョインにヨンジは“愛しています”と告白する。今まで内に秘めていた二人の感情がとうとう明らかに表現された。これと共にソヌの状態をチョインが知ることになるなど、これまで絡まっていた糸が一つ二つと解け、視聴者たちはこの結末に関心を集めている。
【2009.04.17 Friday 09:50】 author : is | カインとアベル 関連ニュース | - | - | -
「カベル」ヨンジ告白"イ・チョイン先生、愛しています"


뉴스엔 2009年4月17日付記事より


"私が愛する人が駄目になる姿を見たくありません" 危機の瞬間、ヨンジ(ハン・ジミン)がチョイン(ソ・ジソブ)に愛の告白をした。

16日放送されたSBS水木ドラマ「カインとアベル」(脚本パク・ケオク/演出キム・ヒョンシク)18話では、チェ・チス(パク・スンヒョン)はヨンジを人質にチョインを誘い出すのに成功した。チェ・ボックンらの殺害容疑をかけられたチョインにチスは真犯人が自分であると明かし、チョインを刃物で狙った。

だがチェ・チスが隙を見せた瞬間、チョインがチスを押さえつけ、ヒルのように自分と、そして自分が愛した人々をひどく苦しめた彼に向って刃物を振り上げた。その瞬間ヨンジが“先生、だめです!”とチョインを止めた。だが、これまでの怒りが募り、爆発したチョインはすでに理性を失った状態だ。チョインは“ヨンジさん、見ないでください...関わらないで”と叫び、チェ・チスを殺そうとした。

その時ヨンジの一言“先生、愛しています”。突然の告白にチョインはしばらく動けないままで、チョインに向かうヨンジの告白が続いた。ヨンジは“私が愛する先生の姿を、もう忘れてしまったのですか?私が愛する人が傷つき駄目になる姿、見たくはありません。私に家族になろうとおっしゃったでしょう?また愛する家族を失いたくはないんです”とチョインに向かい切実に願った。

結局チョインはチェ・チスに向けた刃物を持つ手をおろし、ヨンジはチョインに向かった胸の内に兄カンチョル(パク・ソンウン)を失った悲しい記憶など、様々な感情が入り乱れ、涙を流した。人が押し掛け、チェ・チスは捕らえられ、チョインはチェ・チスがチェ・ボックン殺害経緯を話した音声を携帯電話に録音しておいたことで疑惑が晴れることになる。

以後、チョインはソヌと向き合い、兄が自分をこれほどまでに殺したかった理由が父の関心と兄弟で愛した女性ソヨン(チェ・ジョンアン)の存在であったことを知った。だが、チョインはどうしてそんな理由で兄が弟を殺すことになるのかが納得できず、ソヌもまたチョインとの関係を取り戻すにはすでに遅いと考え、チョインに謝罪をすることはなかった。

胸に穴があいたような気持ちでヨンジの元へ行ったチョインは“すべて終わった。終われば大丈夫だと思ったのに、なぜこんなにつらいんだろう?”と問いかけた。これにヨンジは“先生がつらければ、相手もつらいでしょう、つらいことは皆捨てて、以前の先生に戻ってくれたらと思います。私はオ・ガンホ先生も好きでしたが中国でお会いしたイ・チョイン先生の方がずっと好きですよ”と慰めた。

放送直後、視聴者たちは掲示板を通じ“どんな愛のシーンより、手を一度握るだけで切々とした想いであることがにじみ出るチョイン−ヨンジカップル”“なぜ手を握っただけでこんなに心が感動であふれるのか分からない”“今日キスシーンがあると思っていたら抱擁で終わり残念だ”など、チョイン−ヨンジカップルの愛の物語に多大な関心を寄せた。
【2009.04.17 Friday 09:40】 author : is | カインとアベル 関連ニュース | - | - | -
「カベル」チョイン、ヨンジに突然のプロポーズ"僕たち家族になろうか?"
 뉴스엔 2009年4月16日付記事より

"ヨンジさん、僕たち家族になろうか?"
15日放送されたSBS水木ドラマ「カインとアベル」(脚本パク・ケオク/演出キム・ヒョンシク)17話で、チョイン(ソ・ジソブ)はヨンジ(ハン・ジミン)に家族になろうという表現でロマンティックなプロポーズをした。

信じていた兄ソヌ(シン・ヒョンジュン)は、自分を殺そうとし、30年間母と呼びたかったヘジュ(キム・ヘスク)は自分の実の両親を殺した張本人だという衝撃の事実を知ったチョインは茫然自失した。

青天の霹靂のような事実を知ることになったチョインは倒れそうになるほど動転するが、自分を心配するヨンジにだけは強く、凛々しい姿を見せようと努力した。しかしチョインの状態が普通ではないと察したヨンジは、チョインを外に連れ出し、パンを買ったりと特有の明るい表情でチョインを慰めた。

チョインは彼女に自分は大丈夫だから父をしっかり見守って欲しいとお願いした。喜んでそうすると明るく微笑むヨンジはチョインにとって唯一の力となり、希望であり、救いだ。

チョインの願いどおり、父チョンミン(チャン・ヨン)を世話するヨンジの姿を見たチョインは穏やかになる。チョインは照れるヨンジを見詰めて"あの人が僕の家族のようです"と父の前で独り言を言い、ヨンジに対する気持ちを隠すことはできなかった。

以後、しばらくどこかへ出かけようと話しながらヨンジの手を引いて遠く北の方が見える山の山頂へと登ったチョインはヨンジの家族に対して質問し、"明日なら(複雑なことが)終わりそうです。それじゃあ、僕たち家族になろうか?"とそっと話を切り出した。

ロマンティックなチョイン特有の突然のプロポーズに、ヨンジは驚き、うさぎのように瞳を見開いた。だが、自分の肩を強く抱きしめるチョインの手を握り締め、笑顔を浮かべたままイエスの意を伝え、チョ-ジカップルの誕生を予感させた。

しかし放送終盤ヘジュの口から直接真実を聴かされたチョインは、自分に対する申し訳なさと罪悪感よりも自己合理化をする彼女の姿が受け入れ難く、ソヌだけをかばう母に寂しさと剥奪感を感じてすぐに背を向ける。

チョインは2段ベッドで寝た振りをしているヨンジに静かに近づき、初めて苦しい胸の内を打ち明けた。目を閉じたまま彼の話に耳を傾けていたヨンジは、手を離して背を向けようとしたチョインの手を固く握りしめ、チョインの唯一の希望であり救いだという事実を再び確かめさせた。

一方、この日放送分でソヨン(チェ・ジョンアン)はソヌがチョインに犯した罪を知り衝撃を受け、2兄弟間で苦悩する姿を見せた。
【2009.04.16 Thursday 11:13】 author : is | カインとアベル 関連ニュース | - | - | -
「カベル」ソ・ジソブ、「妻の誘惑」キム・ソヒョンに続く名探偵に
 뉴스엔 2009年4月13日付記事より

俳優ソ・ジソブがドラマ「カインとアベル」で両親の死に関わる秘密を暴く名探偵に変身する。

15日放送される「カインとアベル」(脚本パク・ケオク、演出キム・ヒョンシク)第17話でチョイン(ソ・ジソブ)は自分の両親の死に関わるミステリーを暴く予定だ。ドラマ序盤で明らかになったとおり、チョインは交通事故で両親を失い、ポソン大学病院イ・ジョンミン院長(チャン・ヨン)とナ・へジュ副院長(キム・ヘスク)に養子縁組され、育った。

二人を両親のように感じて生きてきたチョインは、偶然両親の交通事故に関わる途方もない秘密を知ることになる。事件の真実を探し始めたチョインは病院の文書保管室の古い部門を検索し、警察署の交通嘆願室を訪ね、30年前の記録を追跡し、封印された真実に近づいていく。これに先立ちチョインは自分が意識を回復する過程でもロールスクリーンに図表を描くなど、資料を通じて鋭い推測力を見せたことがある。

これに関連し、視聴者らはこの頃の人気ドラマに登場する"3大名探偵”としてソ・ジソブ、キム・ソヒョン、チョン・インファの名を上げる。

※「カインとアベル」以外の作品の話題については省略します。ご了承ください(webmaster is)。※

一方チョインは第17話で四面楚歌の危機に陥る。救急医学センター設立のための定期理事会で、ソヌの陰謀に巻き込まれ苦境に立たされた上、殺人鬼チェ・チス(ぺク・スンヒョン)がヨンジ(ハン・ジミン)の命を狙う。その上チェ・ボックン殺害事件に対する汚名まできせられるという危機を迎える。

これから結末まで4話を残した状況で、「カインとアベル」はクライマックスに向かい息せわしく走っている。

【2009.04.13 Monday 12:49】 author : is | カインとアベル 関連ニュース | - | - | -
「カインとアベル」水木ドラマ1位...ソ・ジソブkissの力!
 아이비타임즈 2009年4月10日付記事より

SBS水木ドラマ「カインとアベル」(脚本パク・ケオク、演出キム・ヒョンシク)の主人公チョイン(ソ・ジソブ)とヨンジ(ハン・ジミン)が9日放送された第16話でキスシーンを披露し、視聴者たちの胸をときめかせた。

特に予想もしなかった瞬間に飛び出した1秒の短いキスのためにより一層話題になった。

これまで視聴者掲示板にはチョ−ジカップルのキスシーンを早く見せてという要望が多かったが、この日、突然見せられたことにより、切ないキスよりもさらに印象が強烈だったという評価を得た。

第16話では、夜の遅い時間病院内の食堂へヨンジを招いたチョインは自分が爛・ガンホ″として生きた時も、爛ぁΕ船腑ぅ鵝蹐箸靴堂颪時も、変わらずヨンジを愛すると話した。続いて恥ずかしがるヨンジに稲妻のように顔を寄せ、初めてのキスをした。

その瞬間びっくりしたのはヨンジだけではなかった。放送後、視聴者掲示板には“こんな弾丸キスは初めて見た”“KTXより早い”“今夜私の心臓が飛び出した”“今までチョインは変なおじさんばかりとキス(人工呼吸)していたけれど、やっとまともな相手になった”という爆発的な反応が見られた。

また、キスの後、どうしていいかわからず慌てるヨンジの表情と、その姿をとぼけたように見つめるチョインの微笑みがとても面白かったという意見が多数あがった。

第16話では、これまでの重要な秘密が明らかになり、ストーリーに緊張感を与えた。故意に父を植物人間にしたソヌ(シン・ヒョンジュン)の行動が明らかになったり、ヨンジはチョインが記憶喪失ではないことを知った。またソヨン(チェ・ジョンアン)は、チョインの宿舎に立ち寄った際、ソヌがチョインの殺害を主導したという信じられない秘密と向き合うことになった。

この日の冒頭、主人公4人(ソ・ジソブ、シン・ヒョンジュン、ハン・ジミン、チェ・ジョンアン)がレストランで会うという際どい状況から展開した。ドラマがスタートして以来、彼らが一度に集まったのはこの場面が初めてだ。ソヨンとの結婚を発表するためにこの席にチョインを呼び出し、彼の復讐を止めようとしていたソヌの計略は、ソヨンが事件の真実を知り衝撃を受けることにより絶体絶命の危機をむかえることになった。

一方、第16話の視聴率は17.7%(TNSメディアコリア)で第12話以降、連続5回、水木ドラマの1位となった。
【2009.04.11 Saturday 15:50】 author : is | カインとアベル 関連ニュース | - | - | -
シン・ヒョンジュン、「カインとアベル」OSTで作詞家デビュー
 뉴스엔 2009年4月8日付記事より

SBS水木ドラマ「カインとアベル」に出演中の俳優シン・ヒョンジュンが、このドラマの2枚目のOSTで作詞家としてデビューした。

シン・ヒョンジュンは、昨年信仰エッセイ「告白」を出版するほど筆が立つが、大衆歌謡の歌詞を作詞したのは今回が初めて。来る9日発売される「カインとアベル」OST 2枚目のアルバムは、先月1枚目のOSTアルバムが発売されて以来1ヶ月ぶりに発売されることになる。

ハウルの「会い」、ブラウンアイズ・ユンゴンの「扉を叩いて」などが収録されており、シン・ヒョンジュンが作詞した歌"20071001悲しい言い訳"は新人歌手クラウドが歌う。

特にこの歌の歌詞でシン・ヒョンジュンは自分の劇中配役イ・ソヌを念頭に置いて作詞した。シン・ヒョンジュンは“たとえソヌがチョイン(ソ・ジソブ)を困らせる悪役であっても、自分の欲望と愛を失ったまま辛い人生を送る人物なので、憐憫の情が感じられる”と言い、“そんなソヌの心情を歌詞で表現した”と明らかにした。

実際に歌のリフレインの部分に出てくる“終わりとは別れることがまだ下手な私には慣れる事はできないが、いつかもし終わりが来るとしたら...”という内容から、脳腫瘍の再発で残り少ない人生を生きるソヌの心情を語ってくれている。

今回のアルバムのタイトルは"brotherhood"(兄弟愛)であり、主人公シン・ヒョンジュン−ソ・ジソブ演じる兄弟の悲劇的運命を象徴するかのような言葉だ。ドラマ「ごめん、愛してる」「オールイン」「タッチャ(イカサマ師)」などを手がけたチェ・ソンウク音楽監督が総括し、「宮」「幻想のカップル(ファンタスティックカップル)」「風の画員(風の絵師)」等のOSTをヒットに導いた歌手ハウルがプロデューサーとして参加した。

ハウルは“ある日、シン・ヒョンジュンさんからメモに直接書いて手渡された歌詞を見たら、劇中のソヌとソヨン(チェ・ジョンアン)の切ない愛が胸に迫る感じがした”と言い、“この歌がソヌの運命と愛にとっての多くの意味を含んでいて、ドラマの切ない雰囲気をより深めるだろう”と話した。

一方、「カインとアベル」OSTの1枚目のアルバムでは主人公ソ・ジソブがVOSの歌"愚かな愛"にラッパーとして参加し、歌手出身のチェ・ジョンアンが"トゥモロー"を歌ったが、今回はシン・ヒョンジュンが2枚目のアルバムに作詞家として参加することにより、主人公3人がOSTアルバムに参加するという異色の記録を残した。シン・ヒョンジュンが作詞した歌詞は、チェ・ジョンアンが歌う歌に対する返事であるという。
【2009.04.08 Wednesday 13:36】 author : is | カインとアベル 関連ニュース | - | - | -
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP